着物の価値はどこで決まる?

有名ブランドの着物かどうか

洋服やカバン、時計などは有名ブランドの方が高い価値が付きやすいですよね。これは着物でも同じです。着物における有名ブランドとは何かというと、有名作家や有名産地による着物を指します。人間国宝級の作家による着物なら高い価値が付きますし、大島紬・結城紬のような有名産地の着物も人気が高いです。そして、着物が有名作家・産地の着物かどうか証明する為に重要なのが証紙です。証紙の有無で着物の価値は大きく左右されるので大切に取っておきましょう。
また、素材も着物の価値を決める重要な要素です。基本的に絹の着物は価値が高く、買取店での買取価格も高いです。ポリエステルやウール素材の着物もありますが、価値は低いですし、買取ってもらえない店もあります。

流行の色や柄かどうか

着物の柄は素人目に見ると、同じような柄ばかりに見えますよね。でも、洋服と同じように着物の色や柄にも流行があるんです。その為、流行りの柄で飾られた着物は価値が高くなりますし、流行から外れた柄の着物だと価値が低くなる可能性があります。ただし、流行りに左右されない古典柄も存在します。古典柄は日本で昔からよく使われていた柄をデザインに取り入れたものです。流行に左右されず安定して人気があるので、価値も高いです。
着物の色は赤やピンクなど若い人向けの色から、年配の方向けの渋い色まで沢山あります。ただし、特定の世代に人気が高い色合いより、年齢を選ばず利用される色の方が価値は高い傾向にあります。例えば、クリーム色や水色、緑色などは世代を問わず使いやすい色です。

© Copyright Kimono For Her. All Rights Reserved.