アンティークな着物は需要があるの?

最近人気を集めているアンティーク着物

アンティーク着物とは、「昭和初期以前に作られた着物(和服)のうち、特に状態の良いもの」を言います。現代では出すことが難しい、珍しい鮮やかな色合いが特徴です。色や柄も現代の物にはない特徴を持っており、時代を感じさせるその存在感が、最近のレトロブームの到来で再評価され、注目を集めています。アンティーク着物は日本人が日常的に着ものを着ていたころのものなので、丁寧に作られており、着やすい工夫が施されているのも人気の秘密です。
状態のいいアンティーク着物は貴重なため、高値で取引されています。自宅に眠っているものがあれば、一度査定を受けてみると意外な高額で買い取ってもらえる場合もあります。着物買取りを専門で行っている業者に頼めば、詳しく査定してもらえますよ。

買取ってもらうときの注意

アンティーク着物を買取りに出すとき、覚えておきたいポイントがあります。まず買取に出すなら、是非着物買取りを専門にしている業者を選びましょう。専門の査定員がしっかりと査定を行ってくれます。
また、少しでも高く買い取ってもらうための注意点があります。まず保存状態の良し悪しが重要なポイントになることを覚えておきましょう。アンティーク着物は当然古い品なので、保存状態で美しさに大きな差が出ます。買取を考えているなら、せめて今より劣化させないように気を配りましょう。
着物の品質と産地を証明する証紙の有無も、査定額に大きな影響を与えます。古いものなので残っていない、と決めつけず、一度家族などに確認してみることが大切です。

© Copyright Kimono For Her. All Rights Reserved.