着物を活用する方法は?

着物こそ究極のエコ!

着物は究極のエコロジーと言われています。着物は素材が身体に優しい天然素材の絹や木綿、麻などで作られていることがひとつめの理由です。そして反物からの直線裁ちで作られているので、ほどいてから仕立て直しすることが比較的容易です。仕立て直しする時は、水に通して汚れを落とす「洗い張り」や、「染め直し」をすることで新しいものに生まれ変わることができます。昔は着物は古着として着るだけでなく、布団や半纏などに作り直したり、木綿のものはおむつや雑巾として使われ最後は燃やして灰にしました。これが究極のエコと言われる所以です。
また、着物は洋服と違って基本的には形が変わりません。古い着物でもそのまま着ることができるというメリットがあります。

着物を売却するという活用法

最近では着物の風合いを楽しみながら洋服や小物にリフォームする人も増えてきています。着物独特の色や柄でオリジナルのものに生まれ変わります。また、年代物の着物はアンティーク着物として外国の方や若い女性に注目されています。
タンスに眠ったままの着物は保管していても劣化がすすんでしまいます。袖を通す機会がないのであれば売却するのも一つの方法です。リサイクルショップなどでも買取ってもらえますが、着物の知識が豊富な専門の買取業者に依頼することをおすすめします。査定の方法も店舗への持ち込みや自宅まで来てもらえる出張査定、郵送による宅配査定など自分に合った方法を選ぶことができます。汚れやシミなどが気になったり、和装小物を併せて依頼をする時は事前に問い合わせてみると良いでしょう。

© Copyright Kimono For Her. All Rights Reserved.